전체메뉴

パインスの紹介 - 正しい英語教育の実現 PINES

パインスの紹介

  • パインスの紹介
  • パインスの沿革
  • CEOのあいさつ
  • PIAの特徴
  • バギオの特徴
  • パインスのパンフレット
  • 地図&住所

PIAインズ

オンライン申請

e-brochure

オンライン英会話

パインス3D見学

お問い合わせ & ライセンス

お問い合わせ & ライセンス

PIAの特徴

パインスインターナショナルアカデミー質の高い英語教育

学習担当マネージャー

韓国人の学習担当マネージャーが皆さんの初日から卒業まで、責任を持って学習をサポート致します。 学習担当マネージャーも昔、パインスの学生だった為みなさんの立場になりわからない点を丁寧に教えてくれます。
► 学習プランナー
-毎月、英語の上達管理のための正規レベル テストを通した学生の弱点分析、および学生個人の学習戦略修正提案 (毎月、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4項目の領域における個人の弱点を分析した成績表およびコンサルティング提供)
周期的なレベルテストを実施し、個人に対してフィードバックを行います。
► 生活サポート
-スランプや学習効率低下を予防するための出/欠席管理およびカウンセリング
-学習の妨げになる生活面での不便さと悩み相談およびリアルタイム処理

基本4週1ターム&高級キャンパス

4週を一つのタームとする、フィリピン唯一のアカデミーです。授業スケジュールは欠席を未然に防ぐように作成されています。 パインスには、全部で3つのキャンパスがあり、リフレッシャー、ブリッチング、チャピスがあります。 教材だけが変わる単純なレベルアップではありません。 英語レベル別に先生と学習環境、そしてキャンパスまで変わるレベルシステムを導入しています。
►英語のレベルに応じたキャンパス運営
一ケ所に長く留まることになれば誰でも退屈になり、集中力が落ちやすくなります。 英語習得までの長い道のりで、興味を失わないで粘り強く学習するためには、 周期的に新しい環境に接することが非常に効率的です。Cooyeesan Campus(クイサン・キャンパス)- 初級(Refresher)、中級(Bridging)コース、Chapis Campus(チャピス・キャンパス)上級(Expanding)それぞれのコースは、 互いに完全に分離した新しいキャンパスと、違った学習雰囲気を持つ新しい先生、 そして新しいカリキュラムを通じて、いつも新しい気持ちで英語学習ができます。 特に基礎コースにのみ学生が集まっている語学院とは違い、 パインスでは長期間において英語を学習する学生が多く、中級、上級コースにも 毎月多くの学生が分布しています。 これは上級コースでも水準の高い多様な科目が開設されていて、 皆さんの選択の幅を広げることになります。

正確なレベルテスト&PEPT

パインスでは、生徒さんの英語の成長具合などの確認の為、1タームに三回テストがあります。

►パインス独自テスト-PEPT
- PEPTとは?
PEPT(Pines English Proficiency Test)とは、パインスの R&Dチームが約15,000人以上の卒業生を対象に繰り返し研究、検討し作られたテストです。学生の英語力を体系的に分析し試験結果に伴って学生個人の苦手な部分を英語の4つの領域(スピーキング、リーディング、リスニング、ライティング)に合わせ、学習方法を共に提示してくれます。 学生個々人のレベル向上度を推定できるようグラフ化し、レベル分析を可能にしました。
毎月、試験成績優秀者は、校内で、担任の先生と共に点数が公開され、学生の実際の英語力を確認することができます。

多様なオプションクラス

レギュラー授業前と終了後に行われているパインス自慢のオプションクラスは 英語に対する興味を深め、 より効果的な勉強方法と徹底した時間管理をすることによって、学生たちが研修期間の間、 スランプに落ちず 英語習得に向けて着実にステップアップしていけるようにします。パインスの選択授業は、正規授業の延長で短期間で効果的に英語を伸ばしたい方達の為のパインスだけの多様な種類の選択授業です。 基礎,中級,高級クラスの授業に適応できるように様々な授業を選択することができます。

高確率の出席率&延長申請

パインスでは、毎時間学生がきちんと授業に出席しているかどうが、専門スタッフが確認しています。学生が時間が過ぎても来ない場合、クラス担当の先生が直接学生の部屋に電話し、体調が悪くて出れないのか、 それともただ授業に出てこないのか確認します。もし、3回以上授業を欠席してしまった場合、抜けてしまった分を少しでも英語に触れられるように、週末の自習が強制されています。 このシステムがアカデミー内に良い緊張感を生み、学生の勉強へのモチベーションを維持させています。

校内クリニックにはフィリピン人の看護師が常勤しています。具合が悪い時は、早めに相談し薬を処方してもらいましょう。 また、病院に行く必要があるときは、フィリピン人看護師と場合によっては、現地日本人スタッフが付き添います。 バギオダウンタウンに大学病院や施設の整った私立病院があります。症状によって的確な処方箋を出してくれるので安心です。 このように学生の出席管理から体調管理までを一貫して行うことで、アカデミーでの生活を有意義に過ごせるようにパインスは努力しています。

栄養のある食事

パインスでは、1日3食 食堂マネージャーを中心として栄養価のある食事を提供しています。主に、お米、野菜、スープ、生徒の健康を考えてフィリピン人のシェフと共に作っています。

日本人学生と韓国人学生が一緒に勉強する英語研修

パインスは単純に英語教育だけを目的とするのではなく、外国人学生と自然に交流できる場を通して多様な文化に触れてもらい、オープンマインドを持つことのできる機会を提供しています。現在の学生比率は80%が韓国人学生、19%が日本人学生、1%が他国籍の学生で構成されています。韓国人が多い環境の中でなじめるかどうか不安に思われるかと思いますが、大多数の韓国人学生は日本人に友好的です。

日本人の絶対数が少ないため、友達になりたい、 同じ部屋になりたいと思っていてもできない韓国人の生徒さんをがっかりさせてしまうことの方が多いです。 また、そんな彼らとのコミュニケーションは当然ですが英語で行われます。 日本人と一緒にいたらどうしても日本語を話してしまうでしょうが、韓国人の学生とは英語で話さざるを得ません。 一般的にPINESの日本人学生の方が韓国人学生と比べて高い英語力をつけて帰られるのはこのためです。

ホテルと学校が一体型の英語アカデミー

パインスは2001年12月に開校し、現在バギオキャンパスは、第1キャンパス(クイサンホテル:280名)、第2キャンパス(チャピスホテル:120名) を運営しています。 各学生のレベルに合わせた会話専門コースを提供しています。ホテルを宿泊施設として使用することで、学生の方の満足度はかなり高いと言えます。